屋根リフォーム業者を選ぶ際のポイント

前回の配信では、屋根リフォームで助成金は利用できるかについて確認してきましたが、今回は屋根リフォームの際に一番重要となる、リフォーム業者を選ぶ際のポイントを順番に紹介していきたいと思います。

まず、屋根リフォームを業者を選ぶ際ですが、地元で長く営業を続けている会社であるかどうかということは大切なポイントになります。

例えば遠方のリフォーム業者の場合、工事を依頼しても作業に来るまでにどうしても時間がかかりますし、工事金額も高くなりがちです。

遠方ということで、施工後のアフターサービスも、すぐに対応してくれるか心配になりますし、場合によっては、市区町村からサポートしてもらえる補助金の対象から外れてしまうこともあります。

基本的に地元で長くリフォーム業を営んでいるということは、それだけ地元の信用がある業者であるという証拠です。

そういった地元業者は、万が一、施工後に何かトラブルが発生した場合でも、スピーディーに対応してくれるでしょう。

屋根リフォーム業者 選ぶポイント

出典:イラストAC

 

現地調査をしてくれる業者

施工前の見積りのときにしっかりと現地調査をしてくれるかどうかも業者選びの際の大切なポイントになります。現地調査は屋根リフォームを適切に行うための最も重要な工程の一つだからです。

仮に現地調査が不適切だったり不十分だったりすると、リフォーム工事にもそれが影響してしまい、本来工事しなければならない箇所が十分に施工されず、支払ったコストが無駄になってしまいます。

依頼主に不都合なところを少し聞いただけとか、家の屋根をちょっと目視しただけで終わるといったような現地調査は調査ではありません。

時間をかけて徹底的に調査をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

参考サイト: https://www.orenoyane.com/

 

屋根リフォームに特化した業者

屋根リフォームを専門としている業者であるかということも業者を選ぶ際の大きなポイントになります。

リフォーム業者の中には、新築の戸建てを建てるのが得意なハウスメーカーや工務店、外壁塗装が得意な塗装業者など多くの業者が存在しています。

屋根リフォームには屋根の葺き替えや屋根塗装といった工事があります。それ以外にも、屋根に関係する工事には雨漏りの修理もありますし、瓦工事や板金の工事なども屋根のリフォームにはつきものです。

リフォーム業者で、屋根まわりもできますという業者と、屋根を専門にしているリフォーム業者を比べれば作業のレベルはまったく違ってきます。

「餅は餅屋」という言葉があるように、屋根リフォームは、それに特化した専門業者に任せるべきです。

適切なプランを提案してくれますし、職人の手配や工程管理、資材準備から施工に至るまで、経験や施工実績が十分にある業者を選びたいものです。

 

ワンポイントアドバイス

地元だし実績もありそうなのでここにするかとすぐに決めるのではなく、いくつかの業者から見積もりをとって比較するようにしましょう。

同じ施工内容でも料金形態が違ったりすることがあるからです。