サプリメントの本来の使い方

こんにちは、アイリです。

さて、麹の話を前回しましたけど、今回はサプリメントの話をしようと思います。

そもそも皆さん、サプリメントってどういう時に使うものだと思いますか?

女性の多くはダイエットをする時って答えたりするかもしれません。

でも、その使い方はちょっと違います。

サプリメントは「栄養補助食品」という意味があります。

つまりは、足りない栄養を補う事が本来の使い方で、意味になります。

魔法のように飲むだけで痩せる、とか、病気が治るっていうのとはちょっと違うんです。

逆に食事をせず、サプリメントだけを飲み続けるのも違います。

あくまで補助である為、それが主食のようになってしまっては意味がないのです。

普段食べている食事ではなかなか摂りきれない量の栄養を摂るためのものなのですから。

では、茶麹はどうなのか、というと、お茶に含まれているカテキンの効果で抗菌作用があります。

農薬を使っていない茶葉をブレンドしているので酵素の力がより高いのです。その為、美肌になりたい方にお勧めされています。

麹も酵素の宝庫なので、同じような働きをしてくれます。

茶麹は二つの良い所をブレンドして作られているので、酵素サプリメントといっても良いでしょう。

酵素を摂取しようと思うと、お肉、魚などのたんぱく質を多く食べないといけません。

毎日それだけの食事をするのはとても大変なので、それを補うために茶麹があるのです。

その為、茶麹だけを飲み続けても意味があまりないと思っても良いかもしれませんね。

他の食事と合わせてバランスよく摂取してあげる事が大事だと思います。